2006年06月22日

いよいよ登場したHD DVDレコーダー、東芝「RD-A1」

いよいよ登場したHD DVDレコーダー、東芝「RD-A1」
東芝は6月22日、初のHD DVDレコーダー「RD-A1」を発表した。ハイエンドAV機器並みのハードウェアコンポーネントと贅沢な筐体構成を採用しており、価格は39万8000円。早速、ファーストインプレッションをお届けする。


600Gバイトで5万円を切るHDDレコーダー
アイ・オー・データ機器は6月22日、直販サイト「ioPLAZA」オリジナル商品として、600GバイトHDDを搭載したハードディスクレコーダー「HVR-HD600LE」を発表した。価格は4万9800円。


ビクター、USB端子搭載のAVコントロールアンプ
日本ビクターは、USB端子を備え、PC接続が可能なAVコントロールアンプ「AX-D311」と、5.1chサテライトスピーカーシステム「SP-X105」を7月25日に発売する。

2006年04月30日

大画面40V型の「BRAVIA」が、液晶テレビランキングで5位

大画面40V型の「BRAVIA」が、液晶テレビランキングで5位
液晶テレビランキングでは、40V型の“BRAVIA”「KDL-40V1000」が5位と健闘。37型を超える大型製品がランクインするのは珍しい。


バイ・デザイン、「d:engine」搭載のハイビジョン対応テレビ新製品
バイ・デザインは、新開発の高画質画像処理エンジン「d:engine」搭載の液晶テレビ「d:2737MJ」「d:3237MJ」と、プラズマテレビ「d:4237MJ」を発売した。


「テレパソじゃない」――シャープの“インターネットAQUOS”
シャープは4月20日、リモコンだけでWebブラウジングやブロードバンド放送の視聴が楽しめる「インターネットAQUOS」を5月下旬より販売開始すると発表した。薄型テレビ“AQUOS”のブランド名を冠した、初のPC融合製品となる。


“薫りたつ空気感”を伝える、パイオニアのフルHD 50V型プラズマ
 パイオニアは4月19日、“ピュアビジョン”の新製品として、50V型では世界初となるフルHDプラズマディスプレイ「PDP-5000EX」と、プラズマテレビ「PDP-507HX」(50V型)、「PDP-427HX」(42V型)を6月上旬より販売開始すると発表した。価格はPDP-5000EXが105万円、PDP-507HXが60万円、PDP-427HXが48万円。

2005年12月31日

ホームプロジェクター、デジタル放送対応レコーダー選択のツボ

ホームプロジェクター購入のポイント
年末年始はハイビジョン番組が目白押し。話題のDVDソフトで映画漬けの正月を過ごすのもいいだろう。迫力ある大画面シアター環境ならもっと楽しい。これまでのレビューを振り返りながら、普及型プロジェクターを選ぶ時のポイントをまとめてみた。


いよいよ本格化、デジタル放送対応レコーダー選択のツボ2005年冬、各社のDVDレコーダーはデジタル放送対応が進み、一気に選択肢が増えた。しかし、カタログスペックだけでは違いが分かりにくいのも事実。今回は各社のデジタル放送対応レコーダーを取りあげ、その違いを解説していきたい。

2005年12月24日

ソフマップ、20V型で59,800円のオリジナル液晶テレビ

ソフマップ、20V型で59,800円のオリジナル液晶テレビ
−インチ2,990円。応答速度8ms。PC入力可能
株式会社ソフマップは、オリジナルの20型ワイド液晶テレビ「LC-20Y19W」を2006年1月中旬に発売する。価格はオープンプライスだが、直販サイトや直営店20店舗では59,800円で予約受付を開始している


パイオニア、新“P.U.R.E BlackPanel”搭載の42型業務用PDP
−吸収したNPDの技術を生かした最初の製品
パイオニア株式会社は、新パネル「P.U.R.E. Black Panel」を搭載した業務用42V型プラズマディスプレイ「PDP-425CMX」を2006年1月中旬より発売する。実売価格は60万円前後の見込み。


三菱、電動レンズシフト搭載のDLPデータプロジェクタ
−BrilliantColor採用で色再現を向上
三菱電機株式会社は、レンズシフト機能を搭載したDLPデータプロジェクタ「LVP-XD1000/2000」を2006年1月26日より発売する。価格は輝度3,000ルーメンの「LVP-XD1000」が732,000円、3,500ルーメンの「LVP-XD2000」が837,900円。

2005年11月16日

松下、PC入力も可能な15V型液晶テレビ

松下、PC入力も可能な15V型液晶テレビ
松下電器産業は11月14日、15V型液晶テレビ「TH-15LA50」を発表した。12月5日発売予定。店頭では6万8000円前後になる見込みだ。


ディーオン、23V型液晶テレビを“ナナキュッパ”に値下げ
ディーオンは11月11日、テレビとしても使える23V型のマルチ液晶ディスプレイ「CLV2320V」の価格改定を発表した。同社直販価格は従来価格から2万円値下げとなる7万9800円。
ディーオン


デノン、HDMIケーブル3種を新発売
デノンは、HDMIケーブル3モデルを11月中旬に発売する。価格は、1.5メートルの「AK-H150XV」が6500円、3メートルの「AK-H300XV」が9000円、5メートルの「AK-H500XV」は1万3000円。

2005年11月07日

ソニー、「x-おまかせ・まる録」搭載の薄型「スゴ録」

ソニー、「x-おまかせ・まる録」搭載の薄型「スゴ録」
−200GB HDD搭載で実売6万円
ソニーは、ハイブリッドレコーダ「スゴ録」の新モデルとして、200GB HDDと自動録画機能「x-おまかせ・まる録」搭載した「RDR-HX65」を12月1日より発売する。店頭予想価格は6万円前後の見込み。
エントリークラスのHDD/DVDハイブリッドレコーダで、チューナは地上アナログ(VHF/UHF/CATV)のみ。65mmと薄型の筐体を採用し、HDD容量は200GB。DVDドライブ部はDVD±R/RWとDVD+R DLに対応し、記録速度はDVD+Rが16倍速、DVD-Rが6倍速、DVD+RWが8倍速、DVD-RWが8倍速、DVD+R DLが8倍速。また、DVD±RWとDVD-Rの8cmメディアの読み込みもサポートしている。


ゾックス、99,800円の32型液晶テレビを発売
−インチ約3,119円。中国メーカーと共同開発
株式会社ゾックスは、中国・上海天野電子と共同開発した32型液晶テレビ「ZTO-5102」を発売する。2005年12月迄に2,400台、2006年2月までに1万台を販売する目標。11月18日より同社の直販サイトで予約を受け付け、製品の出荷は12月10日になる予定。価格は99,800円。インチあたりの価格は約3,119円。



HDMI搭載低価格32型液晶テレビの実力は?
ハイビジョンレコーダとの組み合わせが最適

アイ・オー・データ機器 「FTV-320H」
液晶/プラズマテレビの価格下落は年間30%以上という猛烈な速度で進み、フラットパネルテレビ普及の目安といわれたインチ1万円を簡単に突破。既に大手国産メーカー製でも、ローエンドモデルであれば、インチ7〜8,000円程度、32型では20万円台で購入できるまで価格は下がっている。

2005年10月26日

日立、「シャットダウン」機能を備えたデータプロジェクタ

日立、「シャットダウン」機能を備えたデータプロジェクタ
株式会社日立製作所は、起動や終了をスムーズにした液晶データプロジェクタ「CP-X250J」を11月中旬に発売する。価格は249,900円。


BenQ、実売79,800円のポータブルDLPプロジェクタ
ベンキュー ジャパン株式会社(BenQ)は、ポータブルDLPプロジェクタ「MP610」を10月下旬に発売する。店頭予想価格は79,800円の見込み。


NECビューテク、25m幅スクリーン対応DLPシネマプロジェクタ
NECビューテクノロジー株式会社は、TI製の業務用DLPシネマプロジェクタ向けDMDチップ「DC2K」を搭載した「NC2500S」の受注を24日に開始した。想定価格は1,800万円前後(本体のみ)の見込み。

2005年10月22日

三洋、52,500円の「Xacti C」低価格モデル

三洋、52,500円の「Xacti C」低価格モデル
三洋電機株式会社は、SDカードスロットを備え、動画/静止画の同時記録もサポートするMPEG-4ムービーカメラ「Xacti」の低価格モデルとして、DMX-C40を11月下旬に発売する。価格は52,500円。ボディカラーはシルバーのみ。
2004年9月に発売された「Xacti C4」(75,600円)をベースとした低価格モデル。同時期に発売される600万画素モデルの「DMX-C6」の価格は75,600円だが、有効画素数約400万画素(総画素数約423万画素)の1/2.7型CCDを採用し、52,500円という価格を実現した。


エバーグリーン、1万円を切る大型液晶搭載学習リモコン
株式会社エバーグリーンは、タッチパネル型液晶を搭載した学習リモコン「EG-LR220」を10月21日に発売する。価格は9,980円。


デノン、ホームネットワークやiPod対応のAVアンプ
−LAN接続でPC内の音楽再生。iPod専用端子装備
株式会社デノンコンシューママーケティングは、ホームネットワーク機能とiPod連携機能を備えたAVアンプ「AVC-4320」を11月下旬に発売する。価格は252,000円。カラーリングはプレミアムシルバー(SP)のみ。

2005年10月15日

ヤマハ、フィルムライク画質を追求した720pDLPプロジェクタ

ヤマハ、フィルムライク画質を追求した720pDLPプロジェクタ
ヤマハ株式会社は、ホームシアター向けのDLPプロジェクタ「DPX-1300」を11月中旬より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は115万5,000円前後。月産予定台数は300台。


ノジマ、99,800円のHYUNDAI製32型液晶テレビを11月発売
株式会社ノジマとノジマの子会社である株式会社イーネット・ジャパンは、韓国現代(HYUNDAI)製の32型液晶テレビ「HLT-3272」を10月20日より発売する。出荷は11月初旬を予定しており、価格は99,800円。販売はノジマの各店舗と、イーネット・ジャパンによるネット販売を予定している。

2005年10月12日

エプソン、コントラスト比5000:1の47V型/57V型リアプロTV

エプソン、コントラスト比5000:1の47V型/57V型リアプロTV
セイコーエプソンは10月12日、大画面リアプロジェクションTV(リアプロTV)“LIVINGSTATION(リビングステーション)”の新製品として、47V型「ELS-47S2」と57V型「ELS-57S2」を発表した。従来機種と同様に、同社100%子会社でPC直販を行うエプソンダイレクトを通じて販売する。
エプソンダイレクト


アイ・オー、「Rec-POT F」に160Gバイト版を追加
アイ・オー・データ機器は10月12日、HDDレコーダー「Rec-POT F」の160Gバイトモデルを発表した。10月下旬出荷予定で、価格はオープンプライス。直販サイト「ioPLAZA」の価格は4万4800円となっている。

2005年10月06日

デジタル放送を再生できる携帯型DVDプレーヤー発売「三洋電機」

デジタル放送を再生できる携帯型DVDプレーヤー発売「三洋電機」
三洋電機はデジタル放送を録画したDVDーRWディスクを再生できる携帯型DVDプレーヤー「DVD−HP71T」を11月10日に発売。店頭実売価格は5万円前後。


1万円を切るPSP対応ビデオレコーダ「ハギワラ」
株式会社ハギワラシスコムは、PSPで再生可能なMPEG-4動画を録画できるメモリースティックDuo/PRO Duo対応ビデオレコーダ「Easy Recorder for Memory Stick Duo」を10月21日に発売。予想価格は9,980円。


PCユーザーのためのHDDレコーダ Xビデオステーション「ソニー」
ソニーの新しいVAIOの周辺機器「Xビデオステーション」発表。CEATECの会場にも展示されたXビデオステーションは、4つのHDDを内蔵可能で最大容量は2TB、最大8つのTVチューナを搭載でき、HDD容量によっては8チャンネル分の放送を24時間、1週間以上録画することが可能。

2005年10月05日

カウントダウンが始まったSED

CEATEC JAPAN 2005:
カウントダウンが始まったSED
CEATECで注目が集まる「SED」ブース。今回は商品化にかなり近いパネルの試作機を紹介し、しかも間近でその高画質を確認することができる。いよいよ実用化のカウントダウンが始まったようだ。
東芝とキヤノンが共同出展しているSEDブース。


CEATEC JAPAN 2005:
松下がフルHD対応の50V型PDPを参考出展
松下電器産業は、50V型で207万画素(1920×1080ピクセル)のフルHD解像度を実現したプラズマディスプレイを参考出展している。


CEATEC JAPAN 2005:
ウサギ型ロボットが手伝うインタフェース──未来が見える日立ブース日立製作所のCEATECブースは、ウサギ型ロボットを使った対話型のインタフェースやCF Type IIサイズに収まる光メディアなど、新技術の展示を行っている。


CEATEC JAPAN 2005:
パイオニア、50V型フルHDプラズマを「ドイツW杯までに」投入
パイオニアブースの注目は、参考展示の50V型フルハイビジョン対応プラズマテレビ。2006年ドイツワールドカップまでには登場する予定だ。DB-ROMプレーヤーも来年初頭には登場する。


CEATEC JAPAN 2005:
ビクターはHD対応EverioやLEDバックライト液晶TVなど披露
日本ビクターのCEATECブースで、HDDにハイビジョン映像を録画できるHD対応EverioやLEDバックライト搭載の液晶テレビ、オシャレなデザインのDVDレコーダーなど初披露の製品を見てきた。

2005年10月03日

ボーズ、NCヘッドフォン「QuietComfort2」をバージョンアップ

ボーズ、NCヘッドフォン「QuietComfort2」をバージョンアップ
−価格据置でノイズ除去性能と音質を向上
ボーズ株式会社は、ノイズキャンセリングヘッドフォン「QuietComfort2(クワイアットコンフォート2)」のマイナーチェンジモデルを10月20日に発売する。名称は「QuietComfort2」のままで、価格も据え置きの41,790円。直販サイト、もしくは直営店のみの販売となっている。


松下、ブルーレイの製造コストを現行のDVD並みに
松下電器産業は次世代記録媒体のブルーレイ・ディスクの製造費を大幅に引き下げる新技術を確立した。コスト高の要因であるディスク表面の保護膜形成で樹脂加工の新手法を開発。米国拠点の試作ラインでノウハウを蓄積し、1年後には現行のDVDディスクと同程度の費用で量産が可能になる見通しだ。


より身近になった“ワンボディ・リアル5.1サラウンド”ワンボディに搭載した数十ものスピーカーを個別制御して5.1サラウンドを作り出す“デジタル・サウンド・プロジェクター”の第2世代モデル「YSP-800」「YSP-1000」が登場した。自動システム調整機能など簡単設定を実現し、プライスダウンも図ってより身近になった「YSP-800」を体験してみた。



★インターネットでDVDが借り放題!!★

宅配DVDレンタルサービス【TSUTAYA DISCAS】

2005年10月01日

ベンキュー、コントラスト比 10000:1のDarkChip3搭載プロジェクター

ベンキュー、コントラスト比 10000:1のDarkChip3搭載プロジェクター
ベンキュージャパンは9月29日、「DLPプロジェクターとしては世界最高のコントラスト」(同社)というコントラスト比10000:1のホームシアター用プロジェクター「PE8720」を10月上旬より販売すると発表した。価格は69万3000円。


ビクター、フルHD対応のD-ILAホームシアタープロジェクター日本ビクターが、フルHD表示に対応したハイエンド向けホームシアタープロジェクションシステムを発表。アルミ材で左右対称のシンメトリーフォルム。価格は169万5750円と236万2500円。


徹底した高画質へのこだわり──三菱ホームプロジェクター「LVP-HC3000/HC910」
三菱電機とプロジェクターは切っても切れない縁。そう言い切れるほど、三菱電機は家庭向け高画質プロジェクターでは名を馳せた存在だ。国内メーカーとして最後まで家庭向け三管式プロジェクター「LVP-2001」を販売し続け、さらにLVP-2001の高画質化キットとして「P-2001」を発売するなど、”ホームシアター用”にこだわった製品作りは、現在の同社製DLPTMプロジェクターにも引き継がれている。

2005年09月30日

ユニデン、129,800円のHDMI搭載32型液晶TVを発売

ユニデン、129,800円のHDMI搭載32型液晶TVを発売
−月間1万台限定販売。10月1日より予約受付け開始
ユニデン株式会社は、液晶テレビ3機種を10月10日に発売する。なお、発売当初は品質維持のため、各色各サイズ合計で月間1万台限定の販売となる。また、10月1日より「ユニデンダイレクトお客様センター」(Tel.0120-012-123)で、予約販売受け付けを開始する。


マランツ、HDMI搭載で52,500円のユニバーサルプレーヤー−720p/1080iアップコンバート対応。DivXもサポート
株式会社マランツ コンシューマー マーケティングは、SACDマルチチャンネルやDVDオーディオ/ビデオ対応のユニバーサルプレーヤー「DV6600」を11月に発売する。価格は52,500円。カラーはゴールド。


10月22日からアナログテレビに「2011年放送終了」シール
−店頭商品から開始。停波の認知度9.2%から100%へ
総務省と社団法人地上デジタル放送推進協会(D-PA)は30日、2011年7月に地上アナログ放送が停波することに関連して、停波の事実と時期の周知を図るため、アナログチューナ搭載テレビなどに「2011年放送終了」シールを貼り付ける告知活動を10月22日より開始すると発表した。



BDA、MS/IntelのHD DVD支持理由が不正確と指摘
−「MSとIntelはコンピュータ業界の考えからズレている」
Blu-ray Discを推進するBlu-ray Disc Association(BDA)は29日、26日にIntelとMicrosoftが発表したHD DVD支持表明のニュースリリースについて、「Blu-rayに関する内容が不正確」と非難する声明を発表した。

関連記事
IntelとMicrosoft、HD DVD支持を表明
東芝、HD DVD再生対応のノートPC開発を発表

2005年09月29日

シャープ、地デジダブル録画など新ハイビジョンレコーダ

シャープ、地デジダブル録画など新ハイビジョンレコーダ
−1秒起動の世界最速「瞬速起動」。デジタル対応4モデル

シャープ株式会社は、新ハイビジョンレコーダ4モデルを10月24日より順次発売する。500GB HDD搭載の地上デジタルダブルチューナーモデル「DV-ARW15」と、250GB HDD搭載のダブルチューナモデル「DV-ARW12」、デジタルシングルチューナの250GB HDDモデル「DV-AR12」、160GBモデル「DV-AR11」をラインナップ。


クイックサン、79,800円の23V型液晶TV
−D4入力2系統搭載。1インチ約3,470円

株式会社クイックサンは、液晶テレビ「LiBERA」シリーズの新モデルとして、23V型の「QLA-2301V」を10月下旬に発売する。価格は79,800円で、1インチあたりの価格は約3,470円となっている。なお、同社の直販サイト「アジアンドア」では9月28日より予約販売を開始している。


FHP、フルHD解像度で55V型のPDPを開発
−2006年夏から供給開始予定。CEATECで展示

富士通日立プラズマディスプレイ株式会社は29日、業界初となるフルHD解像度の55V型PDPを開発したと発表した。2006年夏の供給開始を予定しているほか、10月4日から千葉の幕張メッセで開催される、「CEATEC JAPAN 2005」にて展示される。


オーディオテクニカ、ステンレス採用のヘッドフォン
−新開発の42mm径ユニットを採用

株式会社オーディオテクニカは、モバイル用ヘッドフォン「EARSUIT」シリーズの新モデルとして、ハウジング部に高輝度のステンレス材を採用した「ATH-ES7」を10月21日に発売する。価格は18,900円。カラーリングはブラック(BK)とホワイト(WH)の2色を用意する。

2005年09月28日

東芝、RDやfaceなど「gigastyle」10製品を発表−0.85型HDD内蔵のビデオカメラ「gigashot」

フルHDもVoDもこれ一台――東芝の新「beautiful face」
東芝は、フルHD対応のISP方式液晶パネルを搭載したデジタルテレビ“beautiful face”「Z1000シリーズ」を発表した。高解像度化に伴い、高画質回路は「メタブレイン・プロ」に進化。また「4th Media」のSTB機能を内蔵するなど、画質とネットワーク機能の両面を強化した。


デジタルチューナーで“武装”したハイエンド――東芝「RD-X6」登場
東芝は9月28日、DVDレコーダー「RDシリーズ」の新製品として、デジタルチューナー搭載の3機種を発表した。ハイエンドモデルの「Xシリーズ」にも「RD-X6」が登場。デジタルチューナーと2つのアナログチューナーを搭載し、アナ×アナW録とデジ×アナW録の両方に対応する。


東芝、0.85インチHDDを搭載した小型ビデオカメラ『gigashot V10』を発表!――HDDに最大4時間半弱録画可能
株)東芝は28日、HDD内蔵のポータブルビデオカメラ“gigashot”シリーズを発表。その第1弾製品として、4GBのHDDを内蔵する『gigashot V10』を発表した。同社の直販ウェブサイト“shop1048”での販売価格は、5万9800円。


2005年09月27日

ビクター、残像感を押さえた高速ドライバー搭載機など「液晶EXE」新製品

ビクター、残像感を押さえた高速ドライバー搭載機など「液晶EXE」新製品
日本ビクターは9月27日、液晶テレビ「液晶EXE」(エグゼ)の新商品として高速液晶ドライバーを備えた製品など4製品を10月下旬より順次販売すると発表した。発表されたのは40V型の「LT-40LH700」、37V型の「LT-37LC70」、32V型の「LT-32LC70」、26V型の「LT-26LC70」


D4端子付きで5万円を切る17型ワイド液晶テレビ――バイ・デザイン
バイ・デザインは9月26日、17V型ワイド液晶テレビ「d:1732PJ」を発売した。直販価格は4万9800円で、10月4日から出荷


IntelとMicrosoft、HD DVD支持を表明IntelとMicrosoftは9月26日、次世代DVD規格「HD DVD」を支持するHD DVD Promotion Groupに加盟すると発表した。
HD DVD Promotion Groupには、NEC、三洋電機、東芝のほか、Universal StudiosやParamount Picturesなどが参加

2005年09月26日

新パネル採用の40型液晶テレビ

ソニー BRAVIA X KDL-46X1000これまでテレビ「WEGA」ブランドで展開をしてきたソニーだが、新たに画質・薄型テレビの新ブランド「BRAVIA」を発表した。“BRAVIA”は、「Best Resolution Audio Visual Integrated Architecture」の頭文字


バイ・デザイン、新パネル採用の40型液晶テレビ
バイ・デザイン株式会社は、40V型の液晶テレビ「d:4032GJ2s」を9月26日に発売する。直販サイトでの販売となっており、価格は299,800円。出荷は10月4日からとなっている


シャープ AQUOS LC-57GE2
液晶テレビAQUOSに、フルスペックハイビジョンの57V型と37V型モデルが登場
発売: 2005年12月





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。