2005年11月24日

東証大引け・小幅続伸で高値更新――値下がりが値上がり上回る

東証大引け・小幅続伸で高値更新――値下がりが値上がり上回る
 24日の東京株式市場で日経平均株価は小幅ながら6日続伸し、連日で年初来高値を更新した。大引けは前営業日比34円26銭(0.23%)高の1万4742円58銭だった。6日続伸は6月10―17日以来。米国株高を受け、朝方はハイテク株を中心に買いが先行し、日経平均は前場に一時、1万4866円を付けた。だが、買い一巡後は銀行や鉄鋼など内需株への利益確定売りが優勢となり、急速に伸び悩んだ。東証1部の値下がり銘柄数は値上がり銘柄数の2倍強に達し、東証株価指数(TOPIX)は続落した。日経平均は値がさハイテク株に支えられ、アドテストと東エレクの2銘柄だけで日経平均を58円押し上げた。


ロンドン円、118円台後半・午後零時半
【ロンドン=欧州総局】24日午後のロンドン外国為替市場の円相場は小動き。午後零時半現在、1ドル=118円70―80銭と前日終値に比べ10銭の円安・ドル高で推移している



posted by Tom at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 株・為替・経済関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。