2005年11月04日

日経平均、4年半ぶり1万4000円台回復

日経平均、4年半ぶり1万4000円台回復
祝日明け4日の東京株式市場で日経平均株価は4日続伸。大引けは2日終値に比べ181円18銭(1.30%)高の1万4075円96銭と、2001年5月23日以来ほぼ4年半ぶりに1万4000円の大台を回復した。小泉純一郎政権が発足した同年4月26日終値(1万3973円)の水準も上回った。デフレ脱却期待や好調な企業業績という国内要因のほか、米株高など外部環境の好転を手がかりに買いが優勢だった。証券や銀行など内需関連が買われたほか、ハイテク株の上昇も目立ち、日経平均を押し上げた。


外為14時・円、117円台後半で弱含み――輸入企業の売りも散見
 4日午後の東京外国為替市場で円相場は弱含み。14時時点では休日前の2日の17時時点に比べ87銭円安・ドル高の117円69―71銭で推移している。正午前後から材料難で小幅な値動き続いていたが、13時前に117円50銭前後の損失覚悟の円売り・ドル買い注文を狙った仕掛け的な円売り・ドル買いが出たとみられ、一時1ドル=117円74銭と2003年8月26日以来の安値水準を付けた。その後も下値を探る動きから117円台後半で軟調な推移が続いている。「国内輸入企業の為替予約(先物の円売り)も午前中ほどではないが、散見される」(外為ディーラー)との指摘があった。14時までの円の高値は117円15銭で、値幅は59銭。〔NQN〕


名証、システム障害で午前の株式売買停止・午後復旧へ
 名古屋証券取引所で4日午前、株価情報などの相場報道システムに障害が発生し、午前中の株式売買を全面的に停止した。名証によると、その後システムが復旧したため、午後零時半から取引は通常通り行うとしている。名証には第1部、第2部、新興市場「セントレックス」を合わせて計393銘柄が上場している。
posted by Tom at 15:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 株・為替・経済関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8953888

この記事へのトラックバック


Excerpt: 名古屋証券取引所株式会社名古屋証券取引所(なごやしょうけんとりひきじょ)は愛知県名古屋市中区 (名古屋市)|中区栄三丁目にある証券取引所である。 略称は名証(めいしょう)。.wikilis{font-..
Weblog: 証券会社完全ガイド
Tracked: 2007-07-25 16:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。