2005年11月01日

ニコン、1020万画素CCDを搭載したハイアマチュアDSLR「ニコンD200」

ニコン、1020万画素CCDを搭載したハイアマチュアDSLR「ニコンD200」
ニコンは11月1日、デジタルカメラ「ニコンD200」を12月16日より販売すると発表した。実売想定価格は20万円前後(ボディのみ)。新製品は2002年6月に発表されたD100の後継にあたるモデルで、プロフェッショナル向けの「D2」シリーズと、ハイアマチュア向け「D70s」の中間に位置づけられる。


光学式+高感度の“Wブレ補正”薄型サイバーショット「T9」
ソニーが、薄型コンパクトデジカメ“サイバーショット”「DSC-T9」を発表。レンズをシフトさせる光学式補正に高感度撮影を組み合わせた「ダブルのブレ補正」で、手ブレだけでなく被写体ブレにも対応。大型2.5インチ液晶も搭載しながら、Tシリーズの特徴である薄型ボディはキープした。11月18日から発売する。市場想定価格は4万7000円前後。


3インチ液晶+タッチパネルの新サイバーショット「N1」
ソニーが、大型3インチ液晶モニターを搭載したコンパクトデジカメ“サイバーショット”「DSC-N1」を発表。高感度撮影で手ブレに対応。タッチパネル機構も搭載。11月18日から発売する。市場想定価格は6万円前後。

posted by Tom at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8858117

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。