2006年07月19日

手ブレ補正に対応した1020万画素機――ソニー「α100」

手ブレ補正に対応した1020万画素機――ソニー「α100」
ソニーとしては初となるレンズ交換式のデジタル一眼レフ機「α100」を使ってみた。ボディ内の手ブレ補正機構、アンチダスト機能、画像処理エンジンBionz、1020万画素CCDなど見どころ盛りだくさんのデジカメだ。


ソニー、α用交換レンズの仕様変更
ソニーが、同社デジ一眼α用交換レンズ「ソニーαレンズ」の仕様を一部変更すると発表。
 ソニーは7月12日、既に発表済みの同社デジタル一眼レフカメラ“αシリーズ”用αマウントシステム交換レンズ「ソニーαレンズ」の仕様を一部変更すると発表した。


ライカレンズを搭載したアナログ風デジ一眼――「LUMIX DMC-L1」
松下初のデジタル一眼レフ機「LUMIX DMC-L1」を使ってみた。昔ながらのカメラを思わせるアナログ感覚の操作系とデザインに、ライブビューなどデジタルならではの最新技術を盛り込んだ個性的なカメラだ。
posted by Tom at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。