2006年05月31日

東証大引け・下げ幅は今年5番目――新興株と連鎖的に下げ加速

東証大引け・下げ幅は今年5番目――新興株と連鎖的に下げ加速
 31日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に3日続落。終値は前日比392円12銭(2.47%)安の1万5467円33銭と、2月20日以来約3カ月ぶりの安値水準を付けた。下げ幅は今年5番目の大きさ。前日の米株式相場が米景気の減速懸念で急落したことが市場心理を冷やした。朝方で売りがいったん一服したが、次第に戻りの鈍さが意識され、大引けにかけて先物主導で下げ幅を再び広げた。東証マザーズなど新興市場の相場が一段安となり、連鎖的に下げが加速した。東証株価指数(TOPIX)は大幅続落し、終値で25日以来4営業日ぶりに1600を割り込んだ。


財務相「株価下落、景気腰折れを示すものでない」
 谷垣禎一財務相は31日夕の記者会見で、日経平均株価が1万5500円を割り込むなど大幅に下落したことについて、「(景気は)国内民間需要に支えられた回復が続いている」として「景気の腰折れとかそういうものではない」との認識を示した。その上で、「重要な経済指標で今後も十分注視していく」と述べた。


北浜流一郎の「株で資金倍増、悠々人生を。明日に向かって撃て」
悲観するのはいつ??
posted by Tom at 18:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 株・為替・経済関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。新田と申します。
株に関するブログを見ていまして、
こちらのサイトに訪れました。

よかったらウチのブログにも
遊びに来てください☆
Posted by 新田 at 2006年06月02日 16:50
ちょっと気になったんで来ちゃいましたwがんばってください!
Posted by ふゆにっき at 2006年06月05日 23:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18655440

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。