2006年05月05日

まずは2008年まで設計図が描かれるアキバという街

まずは2008年まで設計図が描かれるアキバという街
2006年3月、秋葉原駅前の大型施設「秋葉原クロスフィールド」が完成し、秋葉原はさらなる変貌を遂げた。しかし、進化はまだまだ続く。2008年まで続く駅前再開発とそのコンセプトの概要を確認しながら、この街がたどる将来像を探っていきたい。


5分で分かった気になる、4月のアキバ事情
いくつかのPCパーツショップが新装開店するなど、年度が変わってやや動きに変化が見られた今月のアキバ。大物パーツの登場はなかったが、Intel Core Duoマザーが潤沢に出回り、水冷キット関連の新製品も目立つようになるなど、新規導入はもちろん、買い換えも含めた需要を満たせる“ぴりっ”と効く製品も多く登場した。
posted by Tom at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17401136

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。