2005年12月01日

東証大引け・大幅反発で1万5000円台乗せ TOPIX5年5カ月ぶり高値

東証大引け・大幅反発で1万5000円台乗せ TOPIX5年5カ月ぶり高値
1日の東京株式市場で日経平均株価は大幅反発し、3日ぶりに年初来高値を更新。終値は前日比258円35銭(1.74%)高の1万5130円50銭と、2000年12月13日以来ほぼ5年ぶりに1万5000円台を回復した。国内外の景気回復期待や好調な企業業績を背景に、幅広い銘柄に買いが広がった。後場中ごろに1万5000円台に乗せ、その後も同水準を維持したことから、相場の先高観が一段と台頭。外国人などの実需買いに加え、売り方の買い戻しも巻き込んで一段高となった。上げ幅258円は今年4番目の大きさ。


低価格化とキャラクター商品の拡充を強化・ソースネクストが事業説明会
ソースネクスト(東京・港)は1日、都内で事業説明会を開き、従来から進めてきた低価格戦略を加速させると同時に、キャラクター商品の品揃えも拡充していく戦略を発表した。また、今後は事業領域を世界のみならず、海外にも展開していくとの考えを明らかにした。


ネット広告6社の7―9月期、4社が大幅営業増益
インターネット広告主要6社の2005年7―9月期は、4社の営業利益が前年同期比80%以上増加した。企業がネットへの広告出稿効果を認知したことで需要が増大しており、高水準の受注が続いている。市場の急拡大が続く中、事業拡大を狙った採用増などのコスト要因が一時的な利益水準の格差となった。
posted by Tom at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 株・為替・経済関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10064513

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。